新着情報

建物雑想記(多摩の近代建築):目次

  • 建物雑想記
  • 2017.05.18
建物雑想記
『建物雑想記』は
(財)たましん地域文化財団発行季刊誌「多摩のあゆみ」に酒井哲が連載しているコラムです。多摩に現存する近代建築の魅力を紹介しています。冊子では、前掲の伊藤龍也氏(写真家)の連載『洋館への誘い』とセットで一つの建物にクローズアップします。長く持続する建築をつくるためには、既に長い年月建っている建築からヒントを得る事ができるはずだ……との思いでスタートした連載ですが、そんなことを忘れてしまうほど、どの建築もその存在自体が感動的で毎回取材を楽しませて頂いています。
 
「多摩のあゆみ」は たましん(多摩信用金庫)の各支店で無料配布されているので、ご興味のある方は最寄りの支店か財団まで問い合せ下さい。また自薦他薦を問わず、まだ未掲載の多摩に現存する近代洋風建築の情報がありましたら、連絡をいただけると幸いです。

・166号(平成29年05月):No.50 『旧南川小学校☆誌上エコツアー/飯能市』
・165号(平成29年02月):No.49 『耕心館・柱から垣間みる近世/瑞穂町』
・164号(平成28年11月):No.48 『浅川町の遺産・旧浅川町役場/八王子市』
・163号(平成28年08月):No.47 『洋館へと進化した文化住宅/国立市』
・162号(平成28年05月):No.46 『旧都立農林学校講堂/青梅市』
・161号(平成28年02月):No.45 『豊多摩郡の洋館付き和風住宅/杉並区』
・160号(平成27年11月):No.44 『立川神の教会 音風景を訪ねて/立川市』
・159号(平成27年08月):No.43 『旧高田邸と国立の魅力/国立市』
・158号(平成27年05月):No.42 『百草画荘・小島善太郎記念館/日野市』
・157号(平成27年02月):No.41 『国際基督教大学/三鷹市』
・156号(平成26年11月):No.40 『旧東京府水産試験場吉野養魚場/青梅市』
・155号(平成26年08月):No.39 『洋風建築だったハウス/福生市/米軍ハウス』
・154号(平成26年05月):No.38 『子午儀資料室/三鷹市/国立天文台三鷹』
・153号(平成26年02月):No.37 『明治時代の橋梁/JR中央線多摩川橋梁』
・152号(平成25年11月):No.36 『多摩に復元された赤煉瓦/小平市/がす資料館』

・151号(平成25年08月):No.35 『怪獣と共棲すること/国立市/一橋大学』
・150号(平成25年05月):No.34 『モダンな古民家の史跡/町田市/武相荘』
・149号(平成25年02月):No.33 『登録有形文化財/立川市/旧梅田診療所』
・148号(平成24年11月):No.32 『大谷石と洋風建築/吉祥寺/池田石材店』
・147号(平成24年08月):No.31 『旧丹波山郵便局のナゾ解き/山梨県北都留郡丹波山村』
・146号(平成24年05月):No.30 『回廊のある修道院/練馬区/東京黙想の家』
・145号(平成24年02月):No.29 『多摩の擬洋風建築/あきるの市/小机家住宅』
・144号(平成23年11月):No.28 『地産地消の建物/あきるの市/旧日の出町公民館』
・143号(平成23年08月):No.27 『新立川航空機 塔/立川市/新立川航空機 給水塔』
・142号(平成23年05月):No.26 『日野宿蔵模様/日野市/甲州街道沿いの店蔵』
・141号(平成23年02月):No.25 『洋館と屋根/東村山市/多磨全生園 旧図書館』
・140号(平成22年11月):No.24 『煉瓦積みの蔵/八王子片倉/Coffee Bricks』
・139号(平成22年08月):No.23 『時代を考証する楽しみ/所沢市/所沢駅舎』
・138号(平成22年05月):No.22 『縦長窓への憧れ/入間市/山口貯水池湖管理事務所』
・137号(平成22年02月):No.21 『日本獣医生命科学大学/武蔵野市/ヴォーリズ館』
・136号(平成21年11月):No.20 『ノコギリ屋根の工場/昭島市/昭和飛行機工業』
・135号(平成21年08月):No.19 『伝統様式から国際様式まで/多摩湖取水塔他』
・134号(平成21年05月):No.18 『東大農場の近代建築/田無市/東京大学田無農場』
・133号(平成21年02月):No.17 『有機的な校舎/東久留米市/自由学園南沢キャンパス』
・132号(平成20年11月):No.16 『木造校舎はなぜ懐かしく感じるのか?』
・131号(平成20年08月):No.15 『東京の木造校舎/奥多摩町/旧小河内小学校』
・130号(平成20年05月):No.14 『記録を採ること/吉祥寺/洋館付属型住宅』
・129号(平成20年02月):特集:かわりゆく駅風景『日野駅舎 民家風デザインの謎』
・128号(平成19年11月):No.13 『旧日野桑園第一蚕室/日野市』
・127号(平成19年08月):No.12 『郵便局建築/旧檜原郵便局、旧大久野郵便局/西多摩郡』
・126号(平成19年05月):No.11 『建物の耐用年数とその価値』
・125号(平成19年02月):No.10 『近代和風建築/昭島市/啓明学園北泉寮』
・124号(平成18年11月):No.09 『塊の魅力/八王子市/八王子機関区』
・123号(平成18年08月):No.08 『多摩の様式建築/八王子市/八王子元本郷浄水所』
・122号(平成18年05月):No.07 『夢膨らむ丘陵の別邸/武蔵村山市/村山中央病院三楽荘』
・121号(平成18年02月):No.06 『解体と記録/田無市/早川歯科医院』
・120号(平成17年11月):No.05 『レーモンド建築に囲まれて/杉並区/東京女子大学』
・119号(平成17年08月):No.04 『「文化」今昔/八王子市/沢淵の文化住宅』
・118号(平成17年05月):No.03 『洋館のイメージ/八王子市/上恩方郵便局』
・117号(平成17年02月):No.02 『間取りと畳/青梅市/ミニ洋館並立住宅』
・116号(平成16年11月):No.01 『小高邸のデザインを探る/青梅市/擬洋風住宅』
・115号(平成16年08月):コラム 『尺寸/三鷹市/日本無線三鷹製作所』
・114号(平成16年05月):コラム 『「和」から「洋」へ/入間市/宮寺教会』