設計実例

旧藤倉小学校/リノベーションリフォーム

尾根側の外観、減築部分の建具を再利用してファサードを再構成した
尾根側の外観、減築部分の建具を再利用してファサードを再構成した
  • 尾根側の外観、減築部分の建具を再利用してファサードを再構成した
  • 尾根側の内観。将来の食堂・ホールとなるスペース。
  • 宿泊室内館、間仕切り壁を撤去して昔の教室を再現
  • 通りからの外観、尾根に建つ木造校舎
  •  既存のトラスを解析したところ、構造上問題ないことが確認できた
  • トラス金物の締め直し、マーキングしながら全ての既存金物を締め直した
  • 宿泊室の防火区画、小屋裏も石膏ボードで区画し、隙間を防火シーリングで塞いだ
  • 基礎の沈下が激しかった南東角は、ジャッキアップして地盤を締め固め、RC基礎を新設
  • 既存の耐力壁を残しながら、地震力を地盤に伝達させるために、耐震フレームを外側に新設した
  • NPOによるDIY作業、100枚を超える木製建具が丁寧に再塗装された。
  • 改修前の道路側の外観
  • 劇団の作業場時代、教室を間仕切って宿泊室としていた
  • 当初の造成地からはみ出して増築していた教室、今回の改修で減築し、適正な姿に戻した

農山村文化を引き継いだ木造校舎を簡易宿泊施設にリノベーション

 旧藤倉小学校は檜原村の藤倉地区に昭和29年に建てられた平屋建ての木造校舎です。学校は昭和61年に閉校となり、しばらく劇団の活動拠点として使われていました。その後、藤倉地区の環境保全と活性化支援を目的としたNPO法人さとやま学校・東京が建物を引き継ぎました。閉校後は抜本的なメンテナンスが行われない状態が続いたため、建物の老朽化が進行していましたが、この度、簡易宿泊所とNPOの事務所にリノベーションされました。

 タウンファクトリーでは既存建物の調査・診断、木造校舎の保存活用計画、改修工事の設計・監理を担当しました。引き渡し後に、さとやま学校・東京によるDIYで、塗装工事や左官工事、外構工事が行われ、建物が見事に蘇りました。

歴史的建造物、保存活用計画、木造校舎、簡易宿泊施設、防火対象物工事計画届、減築、DIY

内 容:
リフォーム(戸建て)  耐震補強  現況調査  建築関連法規適合調査  助成金利用
場 所:
東京都檜原村
構 造:
木造平家建て240m2(315m2から減築)
施 工:
有限会社 吉澤工務店
その他:
農林水産省農山漁村振興交付金