良くある質問

  • リフォーム

耐震診断費用は?

最近お電話で「耐震診断」を行いたいが費用はいくら?という問い合わせがよくあります。タウンファクトリーは家づくりをトータルでサポートしているので、建物調査や耐震診断の実績も豊富です。

耐震診断の費用(木造一般診断、100m2程度)は[予備調査+実地調査+解析・診断+結果報告]の一連の業務で15万円+諸経費+税を基準としています。耐震基準は1981(昭和56)年に大幅な改正があり、改正前を旧耐震、改正後を新耐震と呼んでいます。耐震診断は現行の新耐震基準との耐震性能の比較となるので、一般的に旧耐震の建物を耐震診断すると、耐震性能が基準を満たしてない診断結果となります。

耐震診断だけを目的とした場合は、実地調査を調査員2人で半日程で行います。現況の耐震性のみの把握(耐震補強を目的としない)や、既存家屋除却(建替え)助成の耐震診断であれば、この調査診断結果で足ります。耐震診断後に耐震補強まで検討している場合は、建物の軸組(柱や梁の位置や寸法)調査も同時に行うことをおすすめしています(1981年以前に建てられた旧耐震基準の建物は、耐震診断を実施すると耐震補強が必要となります)

□耐震診断及び耐震補強(木造 一般診断、100m2程度)
(1)状況の把握、既存家屋除却(建替え)助成のための耐震診断
 →半日程度の調査を行い、診断・報告書作成・報告
  ※診断費用:15万円+諸経費+税
  ※補助金に必要な行政手続き代行費用別途
  ※補強計画を行なう必要がないので、軸組調査は不要です

(2)建物の状況を把握した上で、無理のない耐震補強を行いたい
 →軸組を調査した上で補強計画の立案、設計を行い、補強工事に入る
  ※事前に軸組調査を行うので、状況に即した補強計画の立案ができます
  ※診断費用:15万円+軸組調査費+諸経費+税
  ※軸組調査は100m2の規模で10万円程度の追加費用になります。

軸組調査は既存図面や床下、天井点検口の有無を拝見した上で、お見積します(100m2を超える建物は1500円/m2程度の追加費用がかかります)。まずは気軽にご相談ください。